So-net無料ブログ作成
負けネコ ~競馬回顧・競馬ギャンブル日記~ ブログトップ
前の1件 | -

負けネコ☆番外編 ~アホな管理人の競馬簡易回顧能書き~ [負けネコ ~競馬回顧・競馬ギャンブル日記~]

だるま猫です、ニャ~ン!(=^・^=)

いやあ、本日も完敗のJRA競馬・・・。(号泣)

明日は、盛岡競馬場でJBCが開催されますが・・・、

残念ながらだるま猫は、仕事のためLIVE中継見れず・・・。

なので・・・、

 ぶんむくれ状態でのベタ打ちの記事作成で、能書きでもタレてフレ寝使用化などとも考えております・・・。

とはいえ・・・、

小生現在、脳ミソが完全に死んどります!

何故か???

このセリフも久々かもしれませんけど・・・、

ベロンベロンであります!\(=^・^=)/

飲みに行っていたわけではなく・・・。

おうちでクロキリ(焼酎の黒霧島)をお湯割りで何杯かかっくらってほぼ仮死状態になっており・・・。

そうでした・・・。

第6回ダルマンリーグご参加のみなさん、集計結果掲載が少々遅れます!

一応、スコアの集計自体は完了しているんですけど・・・。

なんか、壮絶なゲームが1試合あって・・・、

これ、ひょっとするとNINE SCORE開催時代も含めて歴代最高試合候補というような内容の試合です!

結果はもうしばらくおまちくらはい!(=^・^=)

さて、天皇賞・秋も、閲覧者のみなさんには予想を掲載した瞬間、ボロボロ状態示唆だったのかもしれませんけど・・・。

個人的には、多少なりとも自信を持って臨んだ勝負でありました!

スピルバーグの末脚は圧巻でしたね!

スローの流れで後方から追い込んでごぼう抜き炸裂!

なんか、レースの見た目的には、ギャロップダイナがシンボリルドルフを一気差しで下したレースを彷彿させたりしますが・・・。

あの時(1985年)は、ルドルフが大外枠を引いて強引に先行しペースが乱れ、強力先行勢のニホンピロウイナー、ウインザーノットを捕え切ったところに大外強襲という競馬なので、今回のスローの切れ馬の差し切り勝ちとは異なりますけど・・・。

スローの展開で切れた馬・・・。

きっと、このコースと距離がドンピシャなのかもしれませんね!

逆に、切れすぎるとも言えるのかもしれませんけど、

でもまあ、東京専用馬仕様でもあり、ジャパンカップでも同じような流れになれば追い込んで馬券になる可能性があるかもしれませんね。

ただ・・・、

ここには、ハープスターが出走を予定しており、簡単な戦いではないでしょうけどね。

まあ、このあたりは次走人気になる馬たちであり、ジェンティルドンナにしろ、イスラボニータにしてもそうであり・・・。

イスラボニータはマイル戦線に転戦するかもしれませんけどね。

一旦ジェンティルドンナを差し切って差し返されたという結果・・・。

イスラボニータにとって、やはりまだ古馬の壁は厚いのか?

それとも、かつて皐月賞時の当方の予想でも書きましたけど、フジキセキの仔という地の宿命なのか???

それでも、勝ちに行っての3着は価値が高い!

ジェンティルドンナも、前受けで早めに抜け出し勝ちに等しい内容!

やはりこのGⅠ馬2頭は、このメンバー相手では相当強かったと言わざるを得ないでしょうね。

ただ、」妙味追求したい当方としては、

JCで狙うなら・・・、

特注馬は、デニムアンドルビーなのではないか・・・と。

この馬、内枠引いたことで得意の外差しに持っていけず・・・。

それでも伸びては来たのだが、勝負どころで前が開かずブレーキかけており、

ようやく前が開けた時には勝ち負けは決しており、そこからの伸び脚はすごかったが(勝ち馬より鋭い伸び脚で末を余した感じ)、掲示板を逸してしまった・・・。

この馬は、1着づけにするかヒモにするかは未定ではあるものの、間違いなく拾います!

悩むのは、フェノーメノ。

この馬、切れがないだけに、あがりの競馬では厳しい。

前に行けても、あがりの時計勝負では厳しいだろう。

追って長くいい脚を使うタイプだけに距離延長は大歓迎なのだが、次走も同じような展開になりそうな感じもあり、この馬の特徴である持続性勝負に持っていけるかどうか・・・。

ただ、この惨敗で人気は確実に落ちるだろう・・・。

そして注意したいのは、今回道中引っ掛かってしまった点も惨敗に大きく関与していることは間違いなく、この点を差し引いてどうするか・・・という対応をしなければならないだろう・・・。

あと1頭、当日ゼニがあれば・・・が条件だが、

もしこの馬が金鯱賞に出走してきたら、押さえで買ってみたい・・・という存在。

爆穴でっせ~!

フラガラッハ!!!\(=^・^=)/

常識的に、結構数使われていての7歳冬ではさすがにあがり目は望めそうにないが、馬はまだ元気であり展開向きそうなメンバー構成なら、金鯱賞、さらにはハンデが恵まれることが条件ながら中山金杯でも面白そうな感じはあると思っております!

遅刻予想になってしまったんですけど、東京10Rのウオッカカップも勝負しておりました!

想定したより雨が降ったみたいですねえ、府中は・・・。

ダートコースはびちゃびちゃでしたねえ・・・。

キープインタッチは、道悪は悪くはないと思うんですけど、ちょっと走ってみないとわからない感じの馬ですねえ。

能力はこの条件でも十分足りるとは思うんですけどね。

今日のところは位置が悪すぎたという感じで片付けてしまうしかないかなあ・・・と。

個人的には完敗ではあるものの、一応1・2着馬も予想上拾えており、まあ仕方ないかなあ・・・という感じですね。

他に時走注目ということなら・・・。

福島11R 河北新報杯4着のモンマックス、5着のアルマエルナトの2頭。

どちらも次走人気になるでしょうけど、

モンマックスは外枠から後方追走、早めに動いて内にもぐりこみ最後鋭く伸びてきたが届かず・・・。

あれだけの脚があれば、外を回しても馬券になったかもしれず。

ちょっと残り1ハロンあたりで馬群がゴチャついた感じもあり、差し遅れて脚を余した感じもある。

かなり強引な競馬をしてこの結果なら、どうやらクラス卒業目前か!?

アルマエルナトは痛恨の出遅れ・・・。

それでも最後伸びてきた脚はこのクラスでは1枚上の印象。

振り返れば、強敵相手に接戦を演じていた馬であり、まともなら次走は確勝級なのでは?

京都10R 長岡京ステークスで3着のオースミナインは、京都金杯2着のある馬で、ここは休み明けで敗退したが、次走はベスト1600mで自己条件勝ち負け、1400mでもなんとかなるのでは?

惨敗馬の巻き返しということなら・・・、

1度3ヶ月くらい休ませて、3月開催の阪神での芝1800m~2200mで、阪神11R カシオペアステークスで8着のマコトブリジャール、

もし、1月の中山金杯に遠征してきた場合の同阪神11Rで13着大敗のエーシンミズーリ。

マコトブリジャールは、ここは自分の型でレースを運ぶことができなかったが、一応間隔を適度に取ってレースに出走しているとはいえ、そろそろ充電すべく休ませて立て直してみるのも手なのかなあ・・・と。

エーシンミズーリは長期休養明けながら、しぶとく勝ち馬についていったが最後タレてしまった・・・。

それでもここを叩いて前進は見込めそうであり、先行勢手薄な際と有力どころのメンバーを吟味した上での先行粘り可能と判断できれば、おそらく次走2ケタ人気必至なだけに遊びで軽度に握っても・・・。

さあ、ベロンベロンでもあり、明日は5時起床でもあり・・・。

そろそろグダグダ書くのはお開きにして寝るとしますか・・・。

では、一足早く、おやすみニャ~ン!(=^・^=)

みなさんは、いい夢みてくらはい!


コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | - 負けネコ ~競馬回顧・競馬ギャンブル日記~ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。